制服

冬服

ジャケットは、二つボタンのシングルジャケットです。ニットのベストがあることにより、桜色のVゾーンがアクセントとなって、コーディネイト全体を引き締めています。

 女子の冬の制服・ボトムは赤い色合いが持つ明るく情熱的な印象を残しつつ、決して派手になり過ぎない上品さを感じさせるために糸染めして丁寧に織り上げてあります。一見プリーツスカートのようですが、活動的な高校生の動きをかわいらしくサポートするキュロットスカートになっています。

 男子のボトムはすっきりしたシルエットが特徴のスラックス。こちらにも、さりげなくエンジ色を配し、女子との連動性が感じられます。

ワンポイント

 ジャケットの胸元には、校章を用いたオリジナルエンブレム。また、校章の入ったアンティークゴールドのボタンが全体に落ち着いた印象を与えています。

ネクタイ・リボン

 ネクタイ・リボンは、Vゾーンを華やかにするエンジ色でさりげなく「Ryuo」の文字がアルファベットで刺しゅうされています。男子のネクタイ、そして女子のリボンはお手軽なスナップタイプ。龍桜高校オリジナルの紺色のバージョンもあリ、着まわしが可能です。その時の気分に合わせてエンジ、紺色と変更することができます 【入学式や始業式などの式典には赤色着用です。】

中間服

 中間服に男子はセーター、女子はカーディガンを用いることで、カジュアルな雰囲気を出しました。春・秋は、気温や湿度の変化が大きい時期。そんな時にはセーター、カーディガンなしでも大丈夫です。体温調整の自己管理ができます。

 女子中間服のブラウスは、オーバーブラウスになっていて、丸えりのセーラーカラーは、女性らしさを感じさせるラインです。ボトムは、すっきりしたラインのタータンチェック。上品でかわいらしさがあります。 男子のシャツは、長袖の時は冬服のシャツをネクタイなしで着用してもかまいません。

 半袖の時は、白のスキッパーカラー・プルオーバーシャツで爽やかな印象を与えます。男子ボトムは冬の制服との連動性を考えて、冬・夏、同じ柄のスラックスです。

ワンポイント

 えりの周りには淡いピンクで桜の刺繍が施されていて、優しい印象を与えてくれます。桜の花ことばは「心の美しさ」。この刺繍が、生徒の清楚な内面の美しさを印象付けています。

夏服

 中間服からカーディガンを取ると、女子の制服になります。女子のセーラーカラーオーバーブラウスは、長袖、半袖があり、体調や気温などに合わせて選ぶことができます。女子のボトムは、プリーツスカートに見えますが、こちらも冬服と同じキュロット風スカート活動的な高校生の動きをかわいらしくサポートします。

男子のスキッパーカラープルオーバーシャツは、シンプルですっきりとしたデザイン。色も白で涼しげで爽やかな印象を与えます。