ご挨拶

 建学の3本柱である「高い知性と善美な情操と高雅な徳性」は人が生きていく上で欠かす事の出来ない大切なものです。人は知識・情操・徳の心3つを併せ持って初めて心豊かな生涯を送ることができます。そのバランスのとれた人物となり、社会に貢献できる人材となってほしい。この創設者の願いが建学の精神として長く受け継がれてきました。

龍桜高等学校は時代に即応した新しき伝統を造り上げていく学校であり、その建学の精神を引き継いでいます。本校の生徒たちは夢を現実に変えつつ、心豊かな人となり、世界に羽ばたいていくための助走区間として高等学校生活を送り、青春を謳歌しています。また、生徒一人ひとりの顔が思い浮かべられる家庭的な人情味のある雰囲気を持っていて、調和のとれた人間形成を目指している学校です。夢や希望を持ち、そして意欲に満ちた生徒の皆さんを龍桜高等学校は待っています。

学校長挨拶

 龍桜高等学校は看護学科,医療福祉科,モードビジネス科という専門学科を設置している専門高校です。本校で学ぶ生徒は全員,それぞれの学科が目標とする資格取得のために,国家試験,資格試験合格を目指し勉学に励んでいます。

 そして,資格取得の先にある大切なこと,すなわち専門的な知識や技術だけでなくプロフェッショナルとしての態度や人としての生き方を楽しく充実した学校生活・教師と生徒との人間的な触れ合いを通して学んでいます。

 その結果として,それぞれの学科とも,全国平均を上回る高い合格率をあげています。

 中学生の皆さん,夢を実現させるのに遅いも早いもありません。

 今,このときこそが夢への第一歩なのです。

 皆さんの夢を,目標を,この龍桜高等学校で実現させましょう。