認知症サポーター養成講座

11月17日(土)に医療福祉科3年生を対象に認知症サポーター養成講座が行われました。

外部講師をお招きし、認知症の症状についての理解や、事例に基づいてその対応方法等についてグループで検討していました。

生徒は「認知症に対する考え方が大きく変わった」「認知症の方のことをどれだけ理解できるか、共感できるか、寄り添えるかが大事だと思った」と感想を述べていました。

講座終了後には認知症サポーターの証であるオレンジリングをいただきました。

今回得た知識を今後の国家試験や介護の現場で活かして欲しいです。