第5回高校生介護技術コンテスト 最優秀賞 受賞!!

7月6日(金)にサンエール鹿児島にて第5回高校生介護技術コンテストが開催されました。

このコンテストは、鹿児島県内の介護を学ぶ高校生が事例に合わせて互いに学んできた介護技術を披露する大会です。

成績優秀者は県代表として九州大会へ出場することになります。

本校からは、医療福祉科3年生の東空瑠未さん、古城千里さん、立山亜澄さんが選手として出場しました。

今回の課題は在宅生活をテーマにしていました。

「利用者の自立生活を継続できるようにするためにはどこまで介助して良いのか?」

生徒たちが、大会直前まで考え続けた内容でした。

その結果、最優秀賞を受賞し、九州大会に出場することが決まりました。九州大会は福岡県にて8月23日(木)に開催されます。

さらに上位入賞を目指していきたいと思います!