【保育専攻科】加治木ゆなの木保育園「親子レクリエーション」に参加しました。(11/4)

龍桜高等学校の体育館で行われた「親子レクリエーション」は、「わらべうた」を中心に親子で触れ合うレクリエーションです。保育専攻科の生徒は、同学園設置校である「加治木ゆなの木保育園」の行事に参加をして、実践的な「保育」について学びました。普段、授業で学んでいる「わらべうた」を実践の場で見せていただきました。

 

「毎日体操」

「大きな大根」

誰が抜くのかなぁ、ドキドキする…!!

「くっついたら」

おしりがくっついた!

肩もくっついた!ぴたっ!

「豆がら袋リレー」

おぼんから落とさないように、はやく早く!!急げ急げ!!

親子息がぴったり。

「マツコオドレバ」

生徒は、子ども達と触れ合ったり、先生方の動きやかかわり方を見てとても勉強になり、貴重な経験になったようです。子どもたちの笑顔で元気をもらいました。

保育実習に向けて、さらに生徒は深く学んでいきます。

参加させていただいて有難うございました。