加治木看護専門学校

先輩からのメッセージ

卒業生の声 〜看護師を目指すきみたちへ〜

Iさん 23期生

 私は現在、整形外科、小児科の急性期病棟に勤務しています。様々な疾患の方がおり、毎日学ぶことが多く、充実した日々を送っています。
 加治木看護専門学校では、3年間という短い期間で多くの出来事がありました。日々の課題や記録はとても辛く、挫けそうになることもありました。ですが、看護師になるという夢を一緒に追いかける仲間と助け合いながら乗り越えてきました。また、先生方に厳しくも愛のある指導をしていただいたおかげで看護師として働けており、 とても感謝しています。
 学校で学んだことは看護師としての基礎となり、とても重要な過程です。辛いこともたくさんあるかもしれませんが、クラスメイトと助け合って、実技テスト、実習、国家試験など乗り越えていってください。時には息抜きをし、頑張りすぎないように、素敵な看護師を目指してください。応援しています。

Yさん 23期生

 私は今、鹿児島県内の病院で働いています。不安もありますが、先輩方や患者様から多くのことを学び、日々学習の毎日です。目標を持ち、知識・技術を磨いていく中で、人間的にも成長できるよう努力していきたいと思っています。
 加治木看護専門学校で学んだ3年間は、楽しいこともたくさんありましたが、辛いこともありました。ですが、3年間頑張ってこれたのは、同じ夢をもった仲間と励まし合ったり、先生方や家族、患者様、指導者の方々などたくさんの人に支えていただいたからだと感じています。学校生活の中で、知識や技術を磨き、人間としても成長できたのではないかと思います。
 看護師を目指している皆さん、これから様々なことを経験していく中で、辛いこともあると思いますが、同じ夢をもった仲間と支え合いながら目標に向かって頑張ってください。

Oさん 23期生

 私は今、霧島市内の病院で働いています。どのスタッフも意識が高く、患者様により良い看護を提供できるよう、私も先輩看護師を見習い、日々勉強の毎日です。
 加治木看護専門学校での3年間は、多くの課題、テスト、実習記録に追われる毎日でした。勉強が苦手だった私は、特に一年生の時は再試験の連続で、涙する時もありました。しかし、その勉強が身につき、2年生、3年生での実習を積極的に学ぶ事ができました。この辛い日々を乗り越えられたのは、同じ道を目指し共に勉強をした友達、時に厳しくも愛情のこもった指導をしてくださった先生方、そして家族の支えがあったからだと思います。この学校で学んだ知識と経験は忘れません。看護の仕事は大変だと思いますが、日々精進していきます。
 看護師を目指している皆さん、大変なこともあると思いますが、仲間や先生方と共に夢を実現できるよう頑張ってください。

Kさん 23期生

 私は今、姶良市内の病院に勤務しています。地域に密着した病院で、入院から在宅まで切れ目のない医療のサービスを目指し、頑張っています。様々な疾患を抱えている患者様から日々勉強させてもらい、成長していきたいと思っています。
 加治木看護専門学校での3年間は、実習記録や課題で大変忙しい日々でした。ですが、日々の積み重ねが自分の知識へと繫がり、考えていく力も身についてきました。辛いこともありましたが、友達や先生、家族に支えられ、乗り越えることができました。それにより、実習で看護を実践していくことができ、患者様と信頼関係を築くことができました。
 看護師になるということは、自分の一つ一つのの行動に責任が伴います。加治木看護専門学校では、その責任についても深く学べます。自分の夢を全力で支えてくれる環境が整っているので、全力で頑張ってください。

Yさん 23期生

私は現在、消化器・循環器・小児科のある病棟に勤務しています。新しくなった病院での勤務は、身が引き締まり、とても良い刺激になっています。様々な疾患を抱えている患者様が入院しており、日々の学習がかかせません。
 技術研修では、教科書で習ったものから、初めて実践するものもあり、一日でも早く習得するために必死です。
 学生生活を思い返すと、課題や演習に追われ辛い日々もありましたが、みんなが通ってきた道です。たまに息抜きをしながら、自分のペースで仲間と助け合いながら頑張ってくださいね。実習では、自分の看護観を大切にして、自信をもって積極的にチャレンジしてみてください。私は積極性に欠けていたので、そこが心残りです。
 やったことは必ずモノになります。自分に負けず、人としても成長できる良い経験がたくさんできると思うので、お互い頑張りましょう。病棟で見かけたら是非声をかけてくださいね。

在校生の声

3年 Hさん 錦江湾高校卒

宿泊研修

 毎年、4月の後半に1泊2日の宿泊研修があります。1年生にとっては初めての学校行事なので少し緊張もしますが、クラスメイトだけでなく、他学年の先輩方や先生方とも交流を深めることができます。
 普段の学校生活から少し離れ、様々なレクリエーション等を通して、普段なかなか話すことのない先輩方とゆっくり話ができたり、先生方とも様々な話ができ、学校生活や勉強方法など多くのアドバイスがもらえました。クラスの団結力も強くなり、これからの学校生活や実習などをみんなで乗り越えようという思いも強くなります。
 同じ夢を持った仲間たちと協力し、助け合いながら頑張っていきたいです。

2年 Hさん 社会人入学

スポーツ大会

 毎年6月に3学年合同で、スポーツ大会が行われています。昨年は、バレーボールをしました。各学年でチームを分けて、そのチームに先生方も加わり、総当たり戦を行い、上位が決勝トーナメント戦を行いました。試合も応援もとても盛り上がり、全学年と打ち解け、団結力を高めることが出来ました。また、普段の学生生活だけでは知る事の出来ないクラスメイトや先生方の姿を見る事ができ、とても新鮮に感じ、楽しいスポーツ大会になりました。
 学校生活では、体をあまり動かす機会が少ないため、スポーツ大会では体を動かし気分転換をすることができます。さらに先輩や先生と親睦を深められることができ、とても楽しく参加することができる行事だと思います。

1年 Sさん 鳳凰高校卒

オープンキャンパスに参加して/p>

 私は、高校3年生の夏休みにオープンキャンパスに参加しました。その際、看護師として基礎となるバイタルチェックなどを行いました。難しい部分も多くありましたが、初めての看護体験はとても充実したものとなりました。その中で私は、改めて「看護師になりたい」と強く思いました。また、昼食時には先輩方と食事をし、不安だった学校生活やクラスについて気になる部分を質問し、様々なことを聞くことができました。
 実際にオープンキャンパスに参加し、校風や先輩方の雰囲気を肌で感じ、とても貴重な時間を過ごすことが出来ました。このオープンキャンパスをきっかけに、私の目指す看護師像に近づけると思い入学しました。環境の変化など、慣れないことも多くありますが、「看護師になる」という目標を胸に日々の学習に取り組んでいます。

1年 Hさん 武岡台高校卒

オープンキャンパスに参加して

 私は、高校3年生の夏休みにオープンキャンパスに参加しました。施設の見学や実習室での体験活動に参加し、学校での授業の様子を知る事ができました。在校生の方々と一緒に昼食を食べながら、日頃の学校生活や実習のことなどをたくさん聞くことができ、充実した時間を過ごせました。
 このオープンキャンパスを通じて、学校での授業や行事、実習に真剣に取り組まれる姿や、学年を越えた先輩と後輩の強い絆にとても魅力を感じ、加治木看護専門学校で夢を叶えたいと強く思いました。これから新しい仲間と切磋琢磨し、先生方や先輩方のお力をいただきながら、看護師になるという夢を叶えるために何事も一生懸命取り組んでいきたいです。

3年 Uさん 龍桜高校卒

学校祭

 年行われる学校祭は、学生が主体となって準備を行い、全学年の学生が協力して運営を行います。また、外部の講師を招いて講演をしていただきます。普段聞くことのできない話などを聞き、学びも深められる大変有意義な講演会になります。
 学校祭では、全学年の学生が様々な物品を持ち寄りバザーを行っています。そのバザーの売り上げは寄付金として寄付させていただいています。
 また各チューターごとの展示や食品販売、学年ごとの舞台発表もあります。前期試験や臨地実習と多忙な日々を送っていますが、この学校祭だけは、笑いが絶えない1日となります。

2年 Sさん 種子島中央高校卒

戴帽式

 看護とは何か、知識や技術も分からないまま入学し、一年が経ちました。入学当初は不安もありましたが、戴帽式という1つの節目で看護師になりたいという初心を改めて考える良い機会となりました。先生からナースキャップをいただき、ろうそくに火を灯してナイチンゲール誓詞をみんなで誓ったことはとても印象に残っています。戴帽式を迎えるにあたって、看護を提供していく中で、看護の役割と人の命に関わる責任感を意識し、看護師として適切な態度を認識することができます。そして、看護する相手の立場に立ち、思いやりの心を持って患者様に接していくことを心に誓いました。
 看護師という夢を目指すきっかけになった初心を大切にし、これからも看護師を目指す仲間と切磋琢磨していきたいと思いました。

2年 Mさん 国分高校卒

研修旅行

 怒涛のテストラッシュを乗り越え訪れた2泊3日の研修旅行は最高のひと時でした。
1日目、羽田空港到着後、横浜の中華街を散策しました。見慣れない光景がとても刺激的でした。その日の夜は浅草で晩ご飯を食べ、東京スカイツリーが見える絶景ポイントで1泊しました。
 2日目は1日中東京ディズニーランドで遊び尽くしました。中でも「タワーオブテラー」という絶叫アトラクションが最高でした。1度は乗るべきです。
 3日目は午前中アメ横散策をして、午後は劇団四季の「ライオンキング」を観覧しました。「ライオンキング」はすごい迫力で釘付けになりました。
 この3日間は1年生の思い出の中で1番楽しかったです。楽しい思い出にするには、辛いことを乗り越えなければなりません。研修旅行を一つの糧に頑張るのもよいかもしれません

3年 Kさん 加治木高校卒

学校生活

 本校に入学して2年が経ちました。専門学校では、高校までの学習とは違い、解剖学や生理学などの専門分野を多く学びます。課題や試験も多く、時間に追われ悩むことも多くありました。しかし、ここまで乗り越えられたのは励まし支え合える仲間、厳しくも優しく私を見守ってくださる先生方がいたからです。学校生活は決して楽ではありませんが、研修旅行や学校祭など多くの行事があるため、良い気分転換となり、明日からまた頑張ろうという気持ちになれます。
 3年生になり、半年間の実習が始まりました。命に関わる責任の重さと、患者様を理解していくための日々の学習の大切さを実習を通して感じています。実習が終わると国家試験が待っています。決して楽ではない道のりですが、看護師になるために同じ夢をもった仲間と乗り越えていきたいです。

2年 Tさん 社会人入学

学校生活

 入学して、あっという間に1年が過ぎました。この1年に多くの行事がありました。入学してすぐに先輩方や先生方との交流がある宿泊研修から始まり、スポーツ大会や学校祭、戴帽式があり、締めくくりは研修旅行でした。授業や実技試験、筆記試験がある中、先輩方やクラスメイトと協力し合い、クラスメイトはもちろんのこと、先輩方や先生方とも仲が深められ、いい思い出がたくさんできました。試験前には、分からないところを先生に質問したり、クラスメイト同士教えあったりしながら乗り越えることができました。本校はチューター制度というものがあり、そのグループの先輩方に試験の前などに実技をチェックしてもらえます。ポイントやコツをその場でマンツーマンで教えていただけるので、他のことも質問しやすく、とても分かりやすいです。この制度は、それぞれのグループの先生方が生活や学習の面からサポートしてくださる、本校の1つの特徴となっています。

1年 Hさん 社会人入学

社会人入学

 私が本校を受験するまでには、沢山の葛藤がありました。私は自身の妊娠出産をきっかけに看護の道を志す様になりました。主婦としての生活が長かった私が看護学生として続けていけるのか、子どもの事や家の事など悩みは尽きませんでした。
 しかし、オープンキャンパスに参加した際、子育てをしながら学び、看護師として活躍されている先輩方の存在を知りました。その事が励みとなり、一大決心して本校を受験するに至りました。
 入学するまでは久しぶりの学生生活に馴染めるのか、学習についていけるのか不安でした。しかし、いざ入学してみると、年上の私に気さくに接してくれる友人や、社会人の先輩方がすぐに声を掛けてくださり安心しました。
 本校は先輩方から学習面や学生生活面等、優しくアドバイス頂けるので本校を選んで良かったと思います。これからも、感謝の気持ちと、家族の支えがあって学べている事を忘れずに、本校での貴重な時間を大切に過ごしていきたいです。

  • 入試情報

    入試情報
  • オープンキャンパス

    オープンキャンパス
  • お問い合わせ

    お問い合わせ
  • 先輩からのメッセージ

    先輩からのメッセージ
  • 奨学金制度

    奨学金制度
  • 卒業後の進路

    卒業後の進路
  • 卒業生の方へ

    卒業生の方へ

学校評価

ページトップへ戻る